各地の研究活動

(1)八木重吉生家の記念会「茶の花忌」について

重吉の命日は、10月26日で、重吉の大好きな秋であり、その季節には、重吉生家の墓地を囲むお茶の花が美しく咲いている。大きな色鮮やかな花に比べると、白い花びらに黄色の花粉をつけた小さな花で、地味ではあるが、よく見ると美しい。田舎の農家の庭の垣根によく使われた木であり、ふるさとの花である。地味だが美しいのは、重吉の姿と重なる。重吉の命日にふさわしいいい名前である。

昭和59年に、生家の八木藤雄氏が、集めた資料を展示公開するために、土蔵を改造し八木重吉記念館としてオープンしたのを機に、それまで不定期に持たれていた集まりを、重吉命日の10月26日に毎年もつこととし、「茶の花忌」と名付け、定着している。毎年全国の愛好家100名ぐらいが集まってくるが、生家当主藤雄氏の高齢化と体調不良により、縮小される状態にある。

(2)柏の「八木重吉の詩を愛好する会」について

昭和60年2月、重吉が1年余り教鞭をとった東葛飾中学(現高校)の卒業生3人と地域の愛好家1人が、一同に会して、「八木重吉の詩を愛好する会」の結成を決め、毎月例会を持ちながら、研究調査活動と柏に詩碑建立を目指すことを目的に活動を始め、その年の10月に詩碑「原っぱ」を建立、その後も詩の鑑賞会やゆかりの地訪問、会報の発行をしながら、現在まで活動を続けている。

初期に比べると縮小した活動になっているが、魂の詩人と言われる八木重吉の存在を後世に残すため、努力を続けている。

(3)茅ケ崎の「八木重吉を語る会」

茅ケ崎文化人クラブから生まれた「八木重吉を語る会」が、平成17年に詩碑「蟲」を建立し、その後も不定期に活動をもっている。

(4)その他

詩碑「夕焼」を建立した神戸市御影、詩碑「幼い日」を建立した西宮、詩碑「ひびいてゆこう」と「花」を建立した愛知県西尾市にも、かつては愛好者がいたが、現在は目立った活動は無い。
また詩の文学的研究については、いろいろな人々が個人的に研究しているが、まとまった研究会のようなものはない。
「八木重吉の詩を愛好する会」のメンバーで、茨城の日立に住む人々が茨城キリスト教学園で「シンポジウム」をこの数年(7回)実施、鑑賞や講演などをしてきたが、メンバーの高齢化により、2013年の秋の開催を最後に終了となった。